MTGでお酒を飲むメリットと注意点

例えば、会社のホワイトボードにMTGと書かれてあり、何の事だろう?と思った経験がある人も新人時代は多いのではないでしょうか?
MTGとはミーティングの略語で、主にビジネス用語として、メールのやり取りの際によく使われる言葉です。
ビジネスの世界において、お酒はコミュニケーションツールとして欠かせない存在です。

 

歓迎会、送別会、忘年会、新年会、懇親会、接待など、多くの場面で飲み会が開催されます。
それはなぜか?というと、お酒には人間関係を円滑にする作用があるからです。
ただ、今までは、ビジネスの世界でお酒を飲むのは、勤務時間が終わった後でした。

 

しかし、最近はMTGの最中にお酒を飲む企業が増えてきているのです。
確かに、MTGの最中にお酒を飲むメリットはあります。
お酒により、リラックスし、口が軽くなるために、気軽に意見交換が出来るようになるでしょう。
黙って会議室に座っているだけでは、なかなかいいアイデアは出てきません。
ですが、人と意見交換をするうちに、どんどんアイデアが浮かんでくるというケースは少なくありません。

 

ただし、注意点としては、お酒を飲みすぎると、酔っぱらってしまい、MTGの体裁を保てないなんてケースもあります。
同じ事を何度も繰り返し言ったり、実際には採用不可能な意見で盛り上がって、何の身もないMTGにならないように注意して下さい。

 

そして、最近の若者はお酒を飲まない人が増えているという点と、女性の方が酵素活性が弱いためアルコールの代謝が遅く酔いやすい傾向があります。
そのため、MTGの際に、お酒を飲む事も仕事の一環だという空気を作り、無理にお酒を飲ませる事は、絶対にしてはいけません。
ミーティングの利用などに使える個室居酒屋はたくみ 五反田店です。